ホ、ホ、ホタル

♪ ホ、ホ、ホータル来い ♪ の季節となりましたが、今年は、節電の夏! 夜はすずしいホタル狩りなんていかがでしょうか?

 

東京電力管轄と中部電力管轄ではホタルの周波数も違う?

ホタルは日本全国に50種類も生息するそうです。特によく見られるのはゲンジボタルです。

節電といえば、電力は西と東で周波数が違いますが、実はこのゲンジボタルも西と東で周波数が違うことはご存じでしょうか?

なんと、西は2秒に1回光り、東は4秒に1回光るそうです

ホタル博士で知られる、大場信義さんが発見された、ホタルの方言なのだそうです。

この境目はフォッサマグナ辺りらしく、まさに、日本の東西でかわるというふしぎな現象があります。

ひょっとして、ホタルも電力会社から電気供給を受けているのでしょうか?

だとすると、今年のホタル狩りは節電でホタルの光が弱い?なんてことがあるかも・・・

ホタルは交響楽がお好き?

前述の大場さんによると、熱帯地方のジャングルいいるホタルは、広大な地域の中で、よりメスとの接触機会を多くするため、1本の木に集団で集まって光るのだそうです。

そしてなんと、オーケストラのように、すべてのホタルがいつの間にかシンクロし、一斉に同じ感覚で光りだすのだそうです。

ペースメーカーの1匹に合わせてだんだんと大きな集団となり、大きな光の塊となって光りだすのです。

ペースメーカーが疲れて休み始めると、一時バラバラになるのですが、別のペースメーカーが現れ、また一世に光り始める。別々のペースメーカーが出てきて、集団がわかれてもしばらくすると、一緒になって一つの木が交響楽のようにそろって光りだすそうです。

一度見てみたいですね。

今からでもできるホタル狩り

ホタル狩りのシーズンは、6月上旬から中旬ですので、横浜市内ではほとんど終わってしまっていますが、秦野あたりに行くと、まだ見ることができるようです。

 

横浜のホタル狩り

 

秦野市のホタル狩り