和凧(菱凧)の作り方

菱凧は本来、連凧に用いられる凧ですが、作り方が簡単なので、この凧を用いて作ってみました。

用意するもの

今回は、トレーシングペーパーを利用しましたが、軽い丈夫な紙であれば他のものでもOKです。

サイズはA2サイズ、重さ(厚さ)は40g/m2のものを用意しました。不織布でも構いませんが、高価なのでトレーシングペーパーにしました。障子紙などの和紙でも重いですが、飛ばすことは可能です。

 

  1. A2サイズのトレーシングペーパー(40g/m2)
  2. 竹ひご(幅 3×厚み 1.5)×2(長さ60cmと45cm)
  3. 凧糸
  4. 新聞紙
  5. のり(障子用のり)
  6. はさみ
  7. ポスカ

作り方

  • 紙を縦に二つ折りにし、一度広げて折れ線に添って、上がわを三角に折り折り目をつける
  • さらに三角の端から縦の折り目の下端も同じように三角に折る
  • 一度広げて、再度縦半分に折ったままで、先ほどつけた折り目の外側2cmくらいを切り落とす
  • 切り落とした紙は、後で補強に使うので、4cm四角くらいの大きさで8枚切り取っておく
  • 広げた紙に、竹ひごを置き、長い方は頭を揃えて、短い方は、左右の真ん中になるように合わせて、合わさったところを凧糸で結ぶ
  • 短いほうの竹ひごが下になるようにして結ぶ、(結んだ後で位置調整をする)
  • 竹ひごに糊をつけて紙に貼ります。
  • 補強紙を張り、4辺を折り目から折って内側に貼り付けます。
  • 凧糸(糸目糸)を約90cmで切り、竹ひごの短いほうの両端にくくりつける
  • 紐を人差し指に乗せ、凧をぶら下げて、真ん中に来る位置に調整し印をつける
  • 凧の頭から45cmのところ(補強紙を張ったところ)に針金などで穴をあけ、竹ひごごと2回ほど糸を回して端をくくりつける(紐の長さは、くくりつけたところから、55cm程度でカットする)
  • 裏面でさらに、糸を短いほうの竹ひごの両端にくくりつける(反り糸)
  • ぴんと張る程度でくくりつけ、凧をそるように、両側の糸を巻きつけながら調整する
  • 新聞紙等で作った足を糊で貼り付ける
  • 糸の印をつけたところを中心にして、もう一本の糸をつかみ、糸を結ぶ位置を調整する。
    (結び目を持ってぶら下げた際、凧の頭があがり、尻尾が下がるように、糸の結び目が中心より上に位置するように調整する)
  •  扇風機などでバランスを見ながら、凧が揚がる位置に調整する(最後は外で調整しましょう)
  • 足の長さなども調整する。
  • 糸目糸(結んだ部分)と揚げ糸(凧糸の凧を揚げるために巻いてある糸)を結びます。
  • 外に出て、風の向きを注意しながら飛ばしてみます。
  • 凧を持ってもらい、風に向かって走ります。
  • うまく上がらない場合は調整しましょう。
  • うまく上がれば、凧をしゃくりながら、糸を少しづつ伸ばしていきます。

作り方のダウンロード

作り方の詳細をダウンロードしたい方は以下から。

(PDFです。)

凧揚げマニュアル
凧揚げ大会時に配布したマニュアルです。
凧揚げマニュアル.pdf
PDFファイル 517.8 KB