折田公園のカラス

カラスは、5月~6月ころに巣作りをします。

木の高いところなどに巣をつくり、つがいで縄張りを確保します。

ここに侵入者がいると必死になって追い払います。

 

先日、私が折田不動公園の滑り台の上に近づいたところ、1つがいのカラスに遭遇しました。

どうやら、その近くの木に巣を作っていた様子で、1羽が「かあーかあー」と威嚇してきました。

じっと見ているとそのカラスはまっすぐにこちらを向いてあっちに行けといわんばかりに威嚇してきます。

しかたなく、そこを立ち去ろうかとゆっくりと後ろを向いたそのときです。

なんと襲ってきました。

 

低空飛行で肩の高さすれすれに飛んできて、すぐ近くの電線にとまりました。

そしてまっすぐにこちらを見たまま、「かあーかあー」と威嚇します。

じっとそのカラスを見据えながらゆっくりと進むと、「さっさといけ」といわんばかりに

また低空飛行で後ろから襲ってきます。

何度となく、うしろから襲ってはすぐ近くの電線にとまり「かあーかあー」と鳴きます。

 

ひきかえそうとすると「そうはさせない」と先回りします。

しかたなく、すごすごと追いやられながら、結局とちのき公園の前まで追いかけられました。

もう大丈夫と思ったのか、カラスは巣に戻っていったのですが、カラスは賢い動物ですので

子どもなどはくちばしでつつかれたり、足でけられたりするようです。

 

皆さん、カラスの子育て時期の木の上には注意しましょう。

折田公園には確実にカラスの縄張りがあります。

 

それはそうと、先日、家の近くの電線にとまったカラスがしゃべっているのを見ました。

明らかにしゃべっていました。

どうやらカラスは物まねが得意で、様々な鳴き声をするようです。

このカラスはいったい誰としゃべったのかは不明ですが、かなり長時間しゃべっていました。

何をしゃべっていたのかはなぞです。