焼きビー玉の作り方

ビー玉を焼く

火が落ち着いた状態になったところにビー玉を入れます。(フライパンなどでも熱してもOKです。)

充分熱せられたところで(火の中で2~3分くらい、フライパンで5分~7分くらい)でビー玉をトングで取り出します。

水につける

水を張った容器を用意して、熱したビー玉をすぐさま

水につけます。(ビー玉は割れることがあるので注意しましょう)

水につけたら5分程度そのままにします。

(すぐに持つとやけどするので注意しましょう)

 

針金を巻く

やわらかい針金をビー玉に巻きつけます。

かんたんなほうほう

はりがねをビー玉にぐるぐるとまいて、さいごにひもをとおすところをつくります

 

ちょっと難しい方法

はりがねで花の形を作り、その先にビー玉を巻いて1周し、次に十字になるようにもう1周します。

ビー玉を固定するように針金の先をよじり、一方の先に輪っかを作ります。

もう一方を輪っかを固定するように巻いていき最後の端を中にいれます。

 

完成

ひもを通すとできあがり。