凧揚げ大会

おやじの会 冬のイベント

 

師走も半ばを過ぎ寒さが一段と厳しくなった12月17日(土)、平成23年度のイベント第4弾として、「凧揚げ大会」を開催しました。

当日の模様を、フォトアルバムとしてご覧いただけます。

フォトアルバムは、イベント参加者のみ、こちらからご覧いただけます。

 

※ イベント参加者でパスワードが不明な方は「お子さまの学年・組・名前とご本人の名前」

  を添えて、こちらからお申し込みください。

このイベントは、いつも子どもたちを見守ってくれているご近所のシルバー会の皆様から、日本古来の伝統文化(玩具)である和凧の作り方を学び、冬ならではの遊びである「凧揚げ」に挑戦するものです。

 

今回が初めての挑戦となったこのイベントですが、実はシルバー会の皆様とおやじの会メンバーで事前に和凧作りにチャレンジした結果、難易度の高さに多少の不安がありました。また、当日の天気は、凧揚げには不向きな無風ときどきそよ風というコンディションが重なり、イベント開始前の不安は高まるばかり・・・

 

しかし、おやじの会特選素材(とても軽いトレーシングペーパーを利用)とシルバー会の皆様直伝のノウハウが加わり、手作りの凧は、次々に青空高く舞いあがることに・・・

最後は、白玉ぜんざいの炊き出しも加わり、子どもたちも大人たちも大満足の笑顔でいっぱいのイベントとなりました。

 

イベント運営にご協力いただいた参加者の皆様、先生方、ボランティアの皆様、関係者の皆様、そしてシルバー会の皆様、お陰様で大いに盛り上がったイベントとなりました。ご協力、本当にありがとうございました。

 

以下、イベント当日の様子をご紹介します。

 

 

朝7時50分集合でスタッフミーティング開始です。

和凧作りの未経験者が沢山いるので、ミーティングは真剣モードです。

でも、会長力作の「凧の作り方」(参加者1人1人に配付)という心強い味方の存在を知り、少し穏やかな表情に変わったのが印象的でした。(結果的にこの「作り方」がイベント成功の1つのポイントであったことは間違ないところですが・・。これさえあれば、家でも出来るかも?)

 

 

 

1度に大勢の参加者に教えることはできないので、会場を3か所に分散することとしました。1・2年生は保護者同伴が参加条件ですが、それでも、それぞれの会場に多数のスタッフを配置します。写真は、材料や道具を3会場分に分けてセッティングしているところです。

 

 

 

 

 

9時ちょうどにイベントスタートです。運動場で開会式をしてから、3つのグループに分かれて、それぞれの作業場所(家庭科室、理科室、図工室に移動しました。)

 

 

ハサミで切ったり、ノリで貼ったり、糸を結んだり・・・。なかなか思うようにいかず、当初1時間の予定も、30分オーバーでようやく完成となりました。(最後の方は、ほとんど大人たちの出番だったかな?)

 

 

 

完成したら、早速運動場に出て凧揚げに挑戦です。でも、なかなか上手く挙がりません。

 

 

でも、シルバー会の皆さんが、凧糸の結び目の位置を調整すると...あら、不思議?

凧が次第に高く挙がるようになってきました。「すごーい!」

そして、風がほとんどないので、みんな全力で元気に走り始めました。

 

 

そして凧が上手に挙がったところで、ちょっとお勉強タイムです。「凧が何故飛ぶのか?」を、スタッフが絵を使って、分かりやすく講義をしました。みんな、分かったかな?

 

最後は白玉ぜんざいの炊き出しです。冬といえばやっぱりぜんざいですね。とっても温かくって、とっても美味しくって、何杯もおかわりする子ども達が沢山・・。ごちそうさまでした。

 

 

 

お腹一杯になったところでイベント終了です。最後まで参加してくれて、みんなありがとう。