地元の夏祭りで模擬店出展!

猛暑が続く8月6日(土)、地元の柚木荏田南連合が主催する夏祭りに今年も参加しました。

 

当日の模様を、フォトアルバムとしてご覧いただけます。

フォトアルバムは、イベント参加者のみ、こちらからご覧いただけます。

 

※ イベント参加者でパスワードが不明な方は「お子さまの学年・組・名前とご本人の名前」

  を添えて、こちらからお申し込みください。

 

 

 

夏真っ盛りの8月6日(土)、地元の荏田南4丁目の折田不動公園において、第2回柚木荏田南連合主催の夏祭りが開催されました。

 

この夏祭りは、荏田南4丁目、荏田南5丁目、荏田南町の各自治会が合同で昨夏から開催しているものです。

 

荏田東第一小学校としてのイベントではないものの、日頃からおやじの会の運営にご協力いただいている地元の方々との交流を深め、地元活性化に少しでも貢献できればとの思いから、

おやじの会は自発的に模擬店に出店しました。

 

もちろん今年の模擬店も、子ども達の笑顔を求めて

ヨーヨー釣りです。

 

朝8:30から地元の方々とともにテント張り等の会場設営を、午後からは売り物のヨーヨー作りをして、16時のお祭り開始に備えました。

 

炎天下のなか会場設営では大汗を、ヨーヨー作りでは細かい作業に冷や汗をかきながら、お祭り開始に備えました。

 

途中からは、放課後キッズクラブのスタッフ、ボランティアのメンバー、校長先生を始めとした小学校のスタッフの方々も駆け付けていただき、準備万端整えてお祭り開始を迎えました。

 

子ども神輿の到着を合図に16時からお祭りがスタートしました。

会場正面のステージを中心に各種催しが進む中、(荏田東第一小学校5年生有志のソーラン節もありました。)

 

おやじの会の模擬店でもヨーヨー釣りが大盛況となりました。

 

(実は、ヨーヨー釣り用のコヨリはおやじの会メンバーの手作りのため、メンバーの個性の差がコヨリの強度の差となって現れます。強いものは、1分以上水に浸かっていても軽々とヨーヨーを釣り上げることも・・。)

 

1回100円で1人2個までとしても、次々とヨーヨーの数が減っていきます。

 

そして、昨年と同じく約400個準備したヨーヨーは、予想を超えた人気ぶりで、なんと18時過ぎ(お祭りは20時まで)には完売となってしまいました。

 

何度も挑戦してくれた子ども達、ありがとうございました。楽しみにしてくれていたのに売り切れでヨーヨー釣りに挑戦できなかった子ども達、ごめんなさいね。

 

ということで、おやじの会の模擬店は、祭りが終わる前から店じまいを始め、残りの時間はお祭りをゆっくり楽しむことができました。

 

お祭りの後は、会場の後片付けを手伝い、最後の撤収作業終了は23時過ぎに・・。長い、長い1日を無事乗り切ることができました。

 

 

準備期間も含め、模擬店開催にご協力いただいた関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

なお、模擬店における収益金はおやじの会の運営に必要な消耗品等の購入代金に充てさせていただく予定です。